2018年10月30日

韓国ドラマ「魔女の愛」のネタバレ&あらすじ!


韓国ドラマ「魔女の愛」が超熱帯夜を一発で吹き飛ばした。魔力を取り戻すために黒魔女と危険な取引を開始したユンソヒの姿と一緒に魔女3人組と1つ屋根の下での生活を始めたヒョヌの姿がお茶の間に笑いとときめきに同時に披露した。『魔女の愛』は50年続く伝統クッパ屋を運営するカン・チョホン、メン・イェスン、チョ・エンドゥの魔女3人と同居することになったクッパ屋の建物のオーナーが繰り広げるファンタジーロマンスだ魔女の愛韓国ドラマ

科学と経済論理が優先される現代で、絶滅せず耐えて生きている魔女たちのストーリー。頭が固くなっている世の中に、浪漫とロマンスを見つけ出してくるミステリーコミック恋愛どたばたドラマ。

3人の魔女、チョホン(ユン.ソヒ)、イェスン(キム.ヨンオク)、エンドゥ(コ.スヒ)は、古くてみすぼらしいがたくさんの人々が訪れるクッパ店を密かに運営し、平和な日々を過ごしていた魔女の愛 あらすじ。しかし、その平和な日常は建物のオーナー、ソンテ(ヒョヌ)の登場により壊されてしまう。「家賃を安くするから俺を2階に住まわせろ」と、巨額な家賃を支払う代わりの条件をソンテが提案したからだった。巨額な家賃は到底支払えない魔女たちは、ソンテの条件を飲まざるを得なくなり、魔女たちとソンテはハラハラな生活を始めることに…。ソンテがここまでしてクッパ店に住みたかった理由は、未だに夢に出てくる幼い頃に遭った誘拐事件のお店に、魔女たちのクッパ店が似ていたからだった。ソンテは魔女たちを監視しながら、事件の真相を探ろうとするが…。




この記事へのトラックバックURL

http://kimok2017.fukuokablog.jp/t13896
上の画像に書かれている文字を入力して下さい